【プリコネ】アニメプリコネって結局どうだった? 良かった点と悪かった点【レビュー】

【プリコネ】アニメプリコネって結局どうだった? 良かった点と悪かった点【レビュー】

2020-07-09

こんにちはみっしーです。

今回も、アニメプリコネのことを書いていきます。
今まで1話から最終話までの1話1話の感想を書きましたが、今回は最後まで観てどうだったか?全体的に面白かったのか?を書いていこうと思います。

 

正直あのキャラが可愛い!!とかは毎回書いていたので、そこらへんは書かないようにしていきたいと思います。
そんなキャラの可愛い場面が知りたい方は1話からの記事を見ていただけると良いと思います。

 

【プリコネ】アニメ第1話「冒険の始まり~夕焼け空にきのこのソテー~」【感想】

 

 

良かった点

さて、本題に入りますがアニメプリコネで良かったところはキャラの表情ですね。

このアニメではキャラクターの可愛い表情から怒った表情など、キャラクターがコロコロと表情を変えていくところが非常に良かったと思いましたね。

 

特に主要キャラであるキャルちゃんはゲーム本編では見せないたくさんの表情を見せてくれてネタとしても愛されるキャラクターになったと思います。

コッコロちゃんも可愛い一面も多かったですが、時にユウキのことになると暴走するキャラになったりとアニメならではの面白さがありキャラクターの知らない一面が見れてゲームユーザーにとっては新しい発見があり楽しめた内容になっていたと思います。

 

結局、キャラクターの可愛いところを話してしましましたがw

 

他は出演キャラクターを絞ったこと。
これは以前の記事でも書きましたが、プリコネのようなソシャゲ原作のアニメは元々キャラクターの総数が多すぎて全員出すとアニメから観始めた人はキャラクターが多すぎで覚えられないんですよ。

 

しかし、大抵のソシャゲ原作のアニメは1話にたくさんのキャラを出す。1人でも多く出そうとする風潮があり、アニメの面白さを半減させることが多いです。

これは、原作知ってる人でもこんなにキャラ出す必要あるのかって思うくらい出すことがあります。

 

 

アニメプリコネでは確かに多くのキャラクターが出てきますが、いきなり10人もの新キャラが出てくることはないのでゲームを知らない人でも楽しめる内容になっていると思いました。

 

 

 

悪かった点

気になったのはやはり作画が安定していなかった。
そこまで気になることはなったですが、極端に作画が良い時と悪い時の話がありました。

 

それも、1話丸々作画が悪かったのではなく、前半酷いけど後半は滅茶苦茶良い。みたいな話が多かったですね。

印象に残ってるのは水着回。中盤辺りから作画が不安定になってしまい残念でしたが、終盤になると滅茶苦茶良くなる現象。
全編通してだと、ぺコリーヌが一番作画が安定してなかった気がしました。

 

 

まあ、作画に関しては仕方ない部分もありますが、私が一番残念だったのが、OPで出てたキャラが一部出てこなかったこと。

これは、本当にやめてほしかった!!

 

 

もっと言うと、1話の最後に今後出てくる可能性のあるキャラが1秒ほどポンポン出てくるシーンがあるんだけど、そこにできたキャラも一部出てきてないんだよね。

それも1人や2人じゃないですよ!!

 

 

出演キャラを絞ったのは良かったと思いますが、だったらOPに出さないでほしかったですね。

OPに出てるのにアニメ本編に出てこないって中々見ないですよ!!

これに関して他の人がどう思っているのかわかりませんが、正直私はOP詐欺だと思いましたね。

 

 

後アニメのストーリーについてですが、ぺコリーヌ達が美食殿というギルドを立ち上げ、おいしいものを食べていく活動記録を見ていくところについては原作を知っている人も知らない人も楽しめる要素で良かったと思います。
ギルド活動の内容は原作ゲームではほとんど描かれてないので、ぺコリーヌ達のギルド活動を見せるというのは正解だったと思ってます。

 

しかし、後半なぜか原作のよりの話にシフトしていきました。
ここは本当にミスだったと思ってます。

 

特にシャドーなんか出さなくてよかった。
正直、シャドーのせいで最後はグダグダに終わりましたからね。
後半意味深な発言をする人ばかりが押し寄せてくるので、原作知らない人は謎だらけでアニメが終わったのではないでしょうか。

 

ネネカとナイトメアのジュンさん達は出す意味あったのかわからないくらい出演時間が短いです。

この話をするならOPで出てきたキャラの話をやってほしかった。
原作の内容なんて1クールでできないのわかってるんだから変にシリアスな原作の部分を中途半端に入れないでギャグで全話やってほしかったですね。

 

 

 

まとめ

ここまで話してきましたが結論を言うと、アニメプリコネはミヤコ回まではよかったけど、最後の2、3話で面白さが半減してしまった惜しい作品。

 

人におススメできるかと言われてたら、ゲームをやっていない人に私はおススメできません!!

やっぱりどれだけ丁寧に作っても、ソシャゲ原作のアニメはどうしてもゲームを知っていないとわからない部分が出てきます。
特に終盤は意味不明でしょうね。

 

私も最後は何がしたいのかよくわかってないですから。

ただ、可愛いキャラクターを観たいって人なら観る価値はあると思います!!

 

今後発売されるBDの売り上げによっては2期があるかもしれませんが、その時は1期で出てきたOPのキャラを全員出してほしいですね。

 

こんな感じで今回はアニメプリコネのレビューでした。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。