【五等分の花嫁】 最終話 「五等分の花嫁」 すべての読者にありがとう!【感想】

【五等分の花嫁】 最終話 「五等分の花嫁」 すべての読者にありがとう!【感想】

2020-02-19

こんにちは。みっしーです。
週刊少年マガジンで連載中の「五等分の花嫁」の最終回について書いていきますね。

※この内容にはネタバレが含んでおります。

 

ついに、今週号で最終回を迎えた五等分の花嫁ですが、果たして結末は!?

最終回122話の内容と感想について書いていきたいと思います。

 

結婚披露宴開始

結婚披露宴での風太郎の挨拶からスタート。そのあと、四葉は家族へのメッセージを読み始める。
そして、次のページから前回の五つ子ゲームの回想が始まった。

五等分の花嫁122話 引用

どうやら、結婚披露宴と五つ子ゲームは同時進行で進んでいくようです。

 

五つ子ゲームファイナルの答え合わせ

五人の花嫁姿を見て誰が四葉であるかを当てる五つ子ゲームファイナル。

しかし、風太郎は全員を名指しで当てようとする。

最初は一花を指差し、次に二乃、さらに三玖まで当てていく風太郎。

そこで、各々に言いたいことを言っていく風太郎。

そして、五月を指さした時。。。

 

「私が四葉だけど…」

 

 

五等分の花嫁122話 引用

 

焦る風太郎だったが、これは五月のジョークで風太郎は正解をしていたのだが、五月のジョークにイラついた風太郎は、

「お前に会ってからだ! 俺の人生狂いは始めたのは!」

「諸悪の根源! 妖怪カレー食い女!」

と、五月に罵倒した。

 

腹を立てた五月も、昔の口調に戻り風太郎に暴言を吐いていました。

読んでいるこちらはこのやり取りに懐かしさを感じましたね。

 

そして、最後に残った四葉に対しては、

「…で、余ったお前が四葉な。 はい全問正解」

と、あっさりと終わりました。

 

最後に、風太郎と四葉の五つ子への思いを言葉にするところで、結婚披露宴と五つ子ゲームファイナルは終わりました。

 

5年前の春旅行について

結婚披露宴が終わり式場のロビーで一息ついた風太郎と四葉。

二人ともかなり緊張していた様子。
そして、話は5年前の春旅行の話になった。

五等分の花嫁122話 引用

 

結婚披露宴での誓いのキスの時に四葉が5年前を思い出してと言ったことで風太郎は、5年前に行った春旅行での出来事を思い出した。

 

そして、風太郎は5年前のあの日に誓いの鐘の前でキスをしたのが、四葉なのかを聞こうとしたが、四葉が式場のスタッフに声を掛けられこの話はこれ以上はなにも語られなかった。

 

不要になったトレードマーク

四葉が式場のスタッフに声を掛けられた。

どうやら、四葉の忘れ物を届けてくれたようです。

受け取ろとしますが、四葉はやっぱりいらないので捨てておいてくださいとお願いした。

それは、四葉がいつも頭につけていた四葉のトレードマークである悪目立ちリボンだった。

 

「いいのか。 トレードマークだろ」

 

と、風太郎は四葉に聞くが四葉は、

 

「どんなにそっくりでも…私に気づいてくれる人がいるから」

と、答える四葉。

 

五等分の花嫁122話 引用

 

 

もう、リボンがなくても風太郎は四葉と他の姉妹との区別がつくから必要がなくなったんですね。

というか、20歳超えてあのリボンをつけている方がおかしいと思うのですが。。。

 

 

新婚旅行の行先は?

このあと、風太郎と四葉は他の姉妹と合流する。

そこで、新婚旅行の場所を決めようとする姉妹。

どうやらみんなもついてくるらしい。

そこで、風太郎は思い出す。

 

「なんか前にも同じことで揉めなかった?」

 

そして、風太郎はそのまま意識がなくなり目が覚める。

すると、5年前の五つ子のマンションのソファーで眠っていた風太郎。

五等分の花嫁122話 引用

 

まさかの夢落ち!!

 

どうやら、こちらでは卒業旅行でどこに行くのか話しているようだ。

そして、行きたいところを五人で指さして決めるようだ。

 

その時に風太郎が思ったこと。それは、5年後の新婚旅行を決める時と同じことを思った。

「五つ子ってめんどくせー…」

 

五等分の花嫁122話 引用

 

最後は、風太郎の一言で五等分の花嫁は終わりました。

この一言は5年前の風太郎と5年後の風太郎とでは顔の表情で意味が変わってきますね。

 

感想

一応作品全体としての感想は次に書いていこうと思います。

まずは、ついに終わったー。っていう言葉が出てきました。

10巻の表紙のなっている四葉の花姿も見れたのが良かったですね。

あと、五つ子ゲームファイナルのキャラの位置は左から一花、二乃、四葉、三玖、五月の順でしたが、みなさんは当てられたでしょうか?

私は一花と四葉が逆でしたね。

二乃と三玖はすぐにわかりましたが、五月もかなり悩みました。
てか、これ当てられた人いるのかな?

 

あとは読んでいて気になったのは結局四葉は自分が京都であった女の子だったことを話してないですよね。

予想ですが、そこの部分は最終巻で追加されるのではないかと思います。

いや、追加してほしいですね。

 

最後になりますが、この作品に出逢えて本当によかったと思ってます。

原作漫画としてはこれで終わりですが、今年の10月にアニメの2期が始まりますので、映像での五等分の花嫁はまだまだ続きます。できれば、最後までやってほしいですね。

もしも、最終巻での加筆などがあれば、投稿していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

 

では、今回はここまで。次回は五等分の花嫁の作品全体の感想でお会いしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。